新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお引立ての程、お願い申しあげます。
今月は、2000年の幕開けにふさわしいきものを ご覧に入れましょう。

2000年1月のお手入れ品

宮参り用男児着物

羽二重男児宮参りきもの比翼付き

これは今から44年前、祖父三輪治一(2代目)が私の誕生を祝って作った、お宮参り用男児きものです。

地色は、日露戦争の時流行した勝色(かついろ)。<鮮やかな紺> 柄は寿の字をいろいろにくずして全体にバランスよく配置しており、濃いベージュ色の下着を重ねています。
その下に長襦袢のかわりにブルーの羽二重で袖が付いております。

祖父には実子がなかったため、私が生まれて本当に喜んだようです。いつもやさしく大事にされたことを、おぼろげながら覚えております。

5年前、私の長男もお宮参りで着用しましたが、全く時代を感じさせないどころか、誰も着ていない あか抜けしたデザインでした。
でも、正直なところ、よく30日間で染め上げて着せたものと思います。

戦争前、祖父は大名家に出入りをしておりました。 今、孫の私が跡を継いで、ネットで仕事をしていると知ったら、さぞ驚くことでしょう。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com