2000年5月のお手入れ品

訪問着からコートへ

黒地訪問着と試し染め

左の写真はお客様が、さる上つ方より拝領された、黒地に白上がりの椿模様訪問着(部分)です。

「コートにしたい」とのご要望でしたが、黒と白のコントラストが強いため、余るところで試験染めをしてみました。

白の所を薄いグリーンで染めて、柔らかな感じを出しました。
(写真右下の部分)

さて、模様全体ではどんな感じに仕上がるでしょうか。

加工後

黒地コート仕立て上り

訪問着をコートにする場合、そのままでは柄の位置に無理が出るので、身頃の左と右で少しずらしてあります。

銀色に見えるのは、漆の縫い取り(生地に元からあるもの)です。裏地は、東染羽二重の友禅を使いました。

この訪問着は作られてからすでに30年以上経過し、地色も薄色から黒に色揚げされたものと推察されますが、割とモダンに仕上がったかなと思います。

加工には、ほんの少しの冒険心も必要かも知れません。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com