2000年12月のお手入れ品

色無地の楽しみ

綸子白生地

今回は、白生地から染め上げた色無地紋付きをご覧に入れます。

着物好きの方に「色無地」のイメージをうかがうと、多くの方が“自分の思った色と違って、出来上がるまでが不安”とおっしゃいます。トラブルを避けるため、別染めを取り扱わない呉服店も多いと聞きます。

そのためか、世間には味も素っ気もない色無地が氾濫しています。お茶会で見かける細かい地紋や縮緬の色無地は、ほとんど既製品と言っても過言ではありません。

「染物は水物」と言う言葉があるように、同じ色でも生地やその日の天候によって違って染まるほど、本当に微妙な作業なのです。
染め出しには勇気が必要です。当店は創業以来 それを続けてきました。

加工後

色無地紋付き

染め出し作業は、地模様を考えながら生地の見積もりをして(墨打ちといいます)紋の位置に糊を置くことから始まります。私は修業中に教わりましたが、ほとんどのお店は職人さん任せです。

次に色を決めて、染物職人さんに依頼します。色合わせのノウハウは、仮に日本一の職人が染めても完全ではありませんが確かにあります。
優れた色見本、美術品を多く見て目を肥やすこと、後は年期がものをいいます。最終的にはその呉服屋のセンスが出ますので、言い換えればテストのようなものです。

今回は黄緑色に染まりました。(写真の色は実物よりかなり地味です)染め抜き紋は、手書きの上絵で「源氏車」。

日本中で一枚しかない オリジナルの色無地が出来上がりました。

今年も ご覧いただきまして ありがとうございました。
どうぞ 皆様 良いお年を お迎えください。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com