2001年4月のお手入れ品

あつらえの色無地2

松皮菱ベージュ色無地

昨年12月にも取り上げましたが、今回は格調のある地紋に巡り会ったので、再び色無地をご覧にいれます。

良い着物の基準は何か、日本画にも共通するなかなか難しい問題ですが、一つは描かれているものの立体感、つまり奥行きがあるかどうかだと思います。
最近は留袖や訪問着などでもプリント式(=印刷の様なもの)が多く、どうしても図柄が平面的になるため、金箔で補っているものを多く見かけます。あたかも打ち上げ花火のように光り輝いていますが、すぐに底が割れて薄っぺらな感じしか残りません。

左の写真は、家紋にもある「松皮菱」という地紋の白生地をベージュ色に染めた、無地の着物です。(撮影の都合で あえて左前です)
見ていただくと分かるように生地が、 1バックの砂子、2松皮菱、3その間の陰の菱(部分)と3段階になっており、お召しいただくと盛り上がって見え、大変引き立ちます。その重厚さは既製品では足元にも及びません。
ただ、飛び柄を染める場合は裁ち合わせも非常に大切です。上前、胸、肩に柄が出揃う事はまれで、どう出そうかと何時も思案の連続。

残念ながら、流水や道長、華紋等々好みの柄が年々減り、味のない生地が氾濫しておりますが、これからも日本中で一枚だけの色無地に、こだわって行けたら幸せです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com