2002年10月のお手入れ品

大正ロマンの香り

時代小紋着物

香り、何と響きのよい言葉でしょう。

今から10年ほど前、振袖や訪問着で大正浪漫(ロマン)の柄が流行しました。どちらかと言えば配色は重く、文明開化の頃を連想させるような品物ばかりで、残念ながらあっという間に消え去ってしまいました。

左の写真は正真正銘の昭和初めの着物ですが、仮に八掛を取り替えたとしても、着物として着るのはちょっと無理があるのでは思いました。
そして、すぐに答えが浮かばない場合、「修業先の主人は 何て答えるだろう」と想像することが多いのです。

さて今回は、どんなお告げでしょうか。

加工後

友禅羽織

その回答は、羽織です。

羽織はコートと同様に、大胆な柄がよく似合います。そして、歩くときに大きな柄が揺らぐ様子は、なんとも言えない風情があります。縞、手綱などは羽織やコートに好まれる柄で、国立劇場や歌舞伎座の前でしばしば見かけます。

今回も洗い張りをして、ぼかしの羽裏を付け、長羽織として甦りました。
春先や秋口、細かい柄の紬や小紋の上に羽織っていただければ、本物の大正浪漫の香りが漂うこと請け合いです。

さて、堀場のオヤジは仕上がりに何点を付けるでしょうか。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com