2003年10月のお手入れ品

羽織の丈

小紋羽織

暖房がなく、広いお座敷に火鉢ひとつの時代は、羽織は防寒用として必需品でした。コートと異なり訪問先でも脱がなくてよい理由が、そこにあります。

しかし、現在はコートが全盛となり、羽織は片隅に追いやられているようです。

左の写真はお母様の小紋羽織、今は少し長めの身丈がお薦めです。

返り分や衿の縫い込みもそれほどない状態ですが、さて、どうしたら身丈が伸びるでしょうか

加工後

小紋羽織身丈出し

身丈を伸ばす場合は、ひとえに裾の折れ目の筋消しが出来るかどうかにかかっています。

羽織の裾は汚れていることが多く、折れ目の汚れは簡単には消えないのが普通ですが、職人さんの技のお陰で筋はほとんど見えなくなり、裏地を交換し右の仕上がりとなりました。

あれ、ちょっと待って下さい。不思議なことが起こりました。
返りを使って身丈を伸ばしたはずなのに、返り分が変わらないどころか増えているように見えます。衿の長さも 長くなりました

この生地は どこから出てきたのかって・・・・・、それはヒミツです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com