2004年6月のお手入れ品

涼しさの表現

絽小紋藤色石竹模様

今日から6月、着物は裏地が取れ、ひるがえる裾も軽やかになります。下旬になれば先取りで、絽の着物を見かける様になり、夏らしい模様が見る者に涼しさを感じさせます。

左は絽小紋で石竹を描いていますが、今ひとつ染めに締まりがなく、インパクトに欠けているように思います。何かひと工夫をして欲しいとのご依頼で、頭をひねることとなりました。

目指すのは 私が学んだ名古屋風に言うと “お値打ち”で効果的な加工。

さて、どうしましょうか。

加工後

銀加工後

涼しさの表現は金よりも銀という理由で、 柄の流れに沿って花びらを銀線でくくってみました。写真の上前部分だけでなく、全体の要所(胸、肩、袖、後ろ身等々)をバランス良くひろってあります。

この加工は解かずに出来ますので、手早く格調を上げるには最適の方法のように思います。

わずか一手を加えるかどうかで雰囲気が変わってくるのですから、悉皆(しっかい)加工は何年やっても、奥が深いと感じますね。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com