2005年12月のお手入れ品

リスクを減らす

試し染めと本番

「誂え染めは心配」、よく聞く声です。
頼んだ色と違う、感じが想定外だ、そんな危険も確かにあるでしょう。しかし、思っていたよりも良くなった、予想外に柄が引き立ってきたという場合もよくあるのです。

左の写真は白地に菊を詰めた小紋ですが、白が次第に派手になってきたので、全体を少し渋くして欲しいとのご要望です。長くお引き立ていただいているお客様ですが、いくらなんでも一発勝負は危険すぎるので、今回も試し染を行いました。
小紋なので柄伏せは行わず(コストがかかりすぎるため)、共布に比較のための白生地を足し、もっとも調和が取れそうな薄い藤色がかった鼠色を引きました。(上と下で 2色出してあります)

その結果、お客様は明るいほうの地色を選ばれました。するとどうでしょう。白地では目立たなかった胡粉で塗った菊が、ぐっと浮き上がってきたのです。(シベの点全て) 出来上がった着物は より遠近感がでて 本当の逸品になりました。
オリジナリティあふれる着物の生活を楽しむためには 時に 少しだけの冒険も 必要なようです。そんな方の 水先案内が出来れば 幸せです 

本年もご覧頂きまして、ありがとうございました。皆様どうぞ、良いお年をお迎えください。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com