2006年2月のお手入れ品

絞りに口紅

辻が花訪問着

女性には欠かすことのできない口紅、思わず着物に付けてしまった経験をお持ちの方も多いことでしょう。浸み抜きをしようにも、色素の他に色々な薬品が入っているため、これがなかなか手ごわいのです。

左の写真は絞りの一種、辻が花訪問着の衿にべったり付いた、赤い口紅、油断をすれば絞りは平らに伸びてしまいます。

かといって、中途半端な浸み抜きは大変危険。

さて、この結末は・・・。

加工後

口紅の浸み抜き後

付いた口紅を、お客様がさわらなかった事が幸運でした。

しかしながら口紅が消えても、絞りの凹凸が平らになってしまっては問題外。どんな技を揮ったのでしょうか、跡形も無く、きれいに取れています。

私の持ち込む数々の難題に対して、涼しい顔をして、少し得意気にクリアする職人。

ある意味、私とは良き好敵手なのかもしれません。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com