2006年5月のお手入れ品

蝶と霞

蝶と霞の構想

不思議なもので、最近は特に難しい加工や、他店で無理といわれた仕事が集まるようになり、うれしい悲鳴を上げています。

左の写真は蝶模様の訪問着ですが、藤色の地紋生地をバックに上品な友禅と刺繍が施され、なんとも言えない柔らかな雰囲気を醸し出しています。
ところが、広い範囲に黄色いシミが出てしまい、お客様から“地色を染め直せますか?”というお尋ねです。

拝見したところ、その原因は染色段階で生地を、ある種の薬品に通した為ではないかという結論に達しました。
残念ながら範囲が広いシミは取りきれそうもなく、かと言って地色を濃くすれば、今のイメージが変わってしまいます。

雰囲気を変えずにシミを隠すには、どうしたらよいでしょうか。

加工後

蝶に霞訪問着

デジカメを買い換えたので、地色が異なって見えることをお許しください。(地色は変更してありません)

手始めは、似たような地色の生地に、砂子の箔を試し撒きしました。そして、砂子風の和紙を日本橋の榛原和紙店で見つけ、胸、袖、上前、肩それぞれのシミの上に バランスを考えて置いてみました。構想にも 上質な素材が欠かせません。

実は今までの経験で、上手く金砂子を配置すると、隠し切れないシミまで錯覚で、霞に見えてくるのです。

今回の加工のポイントは“見極め”に尽きるでしょう。色々な修復方法がある中で、お客様と綿密に打ち合わせをして、ご意向を忠実に再現する醍醐味。
霞の中で 舞い踊る蝶の動きに 遠近感が加わって 春らしい訪問着となったようです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com