2006年7月のお手入れ品

暖簾から帯

麻上布

夏といえば麻、見るからに涼しそうな雰囲気を醸し出している織物です。左の写真は、その麻(上布とも言います)で織り上げた暖簾です。

お客様がお土産として購入された品ですが、ふと、帯にして締められたら素敵ではないかと考えられ、承ることとなりました。

しかし、帯にするには全く生地が不足しています。見当違いの生地を足すわけにも参りませんし、特殊な品ですから、着尺1反12メートルを仕入れても残ります。
必要な長さだけ使って お客様にお渡ししても困るでしょう。

果たして 似たような生地が 必要な分だけ手に入るのでしょうか。

加工後

上布作り帯

2年ほど前、ふとしたことから、希望の長さの生地を調達してくれる取引先が見つかりました。今回も、暖簾の端の始末してある部分を切って送ったところ、ほぼそっくりの麻布を見つけてもらえました。

生地があれば、もう出来上がったも同然。あとは、どこに柄を出すか、どこで接ぐかということだけです。しかしながら事はそう簡単ではなく、上の写真の左右どちらがお太鼓にふさわしいか、上下はどちら向きが自然か、中心はどこにするか、たれ先はどこから取るかと、私が判断しなければならないことが次から次へと浮かんできます。

そして勇気の必要な裁断を経て、芯の厚さも決め、仕立て屋さん経由で右の作り帯の出来上がり。

足し布のお陰で、南の味が出たようです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com