2006年11月のお手入れ品

柔らかな柄

黒留袖扇面散らし

結婚式の時に使う黒留袖、以前は別誂えのご注文が数多くありました。 縮緬の白生地を仮縫いし青花(露草の花の汁)で下絵を描き、友禅を施して黒を染めていました。

その図案を決める時は、数多くの見本帳の中から、お客様と一緒にお好みの柄を選んでいたのです。
その見本帳(黒白写真)は、今でも大切に保存してあり、呉服屋にとってはバイブルのようなものです。

さて左の写真は、その見本帳にありそうな、扇面散らし模様黒留袖縫箔。友禅、刺繍、金箔とも第一級の仕事がしてあり、現在でも十分通用しますが、三輪屋の眼で見てみると何か足りないような気がしてなりません。
お母様から受け継いだお客様も 同感で イメージを崩さずに 一味加えて欲しいとの事。

さて、どんな加工を施すのが 自然でしょうか。ご覧の皆様は もうお分かりと思いますが・・・。

加工後

扇面留袖型箔加工

扇と扇の間には、余白とも言うべき微妙な空間が存在しています。つまり、開き具合の異なるものをバランスよく配置していますが、遠近感にやや欠けるように思えるのは、私だけでしょうか。

今回は普通の金砂子の箔ではなく、形を持った“型箔”を配置してみました。型箔自体も遠近感を持っていますので、扇面を避けて蒔くと遠景、近景がはっきりしてくると同時に、固かった柄全体に柔らかな調子が出てくるように思います。

こうして出来上がってみると、ただ、箔を蒔くだけの簡単な作業と思われがちです。しかし実際は、その位置、数、大きさ、粒の種類、色調など、店の本質が問われる一時も気の抜けない加工なのです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com