2006年12月のお手入れ品

微妙な位置

振袖、衿のしみ

左の写真は、白地牡丹模様の振袖です。斜めの衿の折れ目左側に、以前、他店でしみ抜きをした跡が、黄変して残っています。(写真より黄色が濃い状態)

“着れば目立たない”と言ってしまえばそれまでですが、お顔のそばなので、やはり気になる場所です。

「うまく取れなければ 柄でも足してください」とのご希望。しかし、場所が大変微妙です。

さて うまく取れるでしょうか。 

加工後

衿浸みぬき後

万一取りきれない場合でも、取ってつけたような柄は足したくありません。やはり、流れとバランスは欠かせないのです。

さて、どんな大きさの花を足そうか、左右対称(右写真の右側 左胸から衿)では能がないし・・・、でも、首の後ろに花を付けるのはどうかなーと悩んでいたところ、職人より「取れました」との知らせ。

生地が弱っていなかったのが 幸いだったようです。

また、救われました。

本年も お引き立て頂き ありがとうございました。
皆様 どうか 良い年を お迎えください。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com