2007年10月のお手入れ品

七五三

友禅羽織

今年も 七五三の季節が近づいてきました。11月15日に、7歳と3歳の女児、5歳の男児が健やかに育つことを願って祝う行事です。

今回のご依頼は、着物丈の反物から仕立てた大人物の羽織と残り布で、3歳のお祝い着を作り、4年後に再び7歳のお祝い着に仕立て直すというものです。

羽織の余分を裁ち落として3歳の着物を作ることは、さほど難しくはありませんが、それを7歳に作り直すのは至難の業。つまり、余分をすべて縫いこみ、そして揚げを膨らませないことが大前提です。

果たして そんなことができるでしょうか。

加工後

三歳祝い着

余分全てを縫いこんだ割りには、仕上がりは、さほど盛り上がってはいません。衿肩の切り込みも、元は大人並でしたが、3歳のサイズに直しています。140cmはゆうにある身頃も、うまく隠せました。

また偶然にも、羽織の袖丈にかなり縫込みがあったので、筋を消して長い袖を作りました。赤い裏地をのぞかせて、お祝い着の完成です。

はさみを入れた場所は無いので、4年後には残り布を足して、7歳祝い着ができます。

この作業の9割以上は、地味ながら実力派の仕立て職人のおかげです。また、足を向けて寝られない方角が増えました。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2010 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved