2008年2月のお手入れ品|着物リフォーム&お手入れと直しの相談室/東京・呉服三輪屋

2008年2月のお手入れ品

糸の始末

つづれ帯裏側

起源は大変古いですが裏が使えるつづれ帯、最もポピュラーなのは、かがりの名古屋帯です。八寸名古屋、袋名古屋帯とも呼ばれ、真夏以外に重宝する品です。

しかしながら、締める回数が増えれば汚れるのが常、今回も裏返す事となりました。

左の写真は、その手先部分を裏返したものです。きれいですが、霞模様を織り出す糸の切り替わる部分で、その端が裏側に多数出ています。
糸を始末しないと このままでは着用できません。

私がハサミで 切り落としましょうか?!

加工後

つづれ帯裏糸整理後

裏返をして、金の界切り線で端を縫いこみ、手かがり仕立てが完成しました。ところが、たくさんあった糸の端が全く見当たりません。

もしや織物の整理屋さんで、一つ一つ切り落としたのでしょうか。

正解は、切ったのではなく反対側に突き出したのです。ですから、上の写真では手先部分のブルーの霞付近に見えている糸も、裏に回って平らになりました。

西陣まで往復の旅をした帯が、また活躍の場を得たようです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com