2008年4月のお手入れ品

遠景と近景

梅模様振袖加工前

1999年12月より始めたこのページも、100回の大台を超えました。これも皆様方のお引き立ての賜物と思い、心から御礼申し上げます。

皆様は歌舞伎の衣装を、お近くでご覧になったことがありますか。もちろん正絹の品物 ですが、思ったより刺繍等が荒っぽく、おそらくミシン刺繍ではないかと思うほどです。
本来なら 手刺繍がベストでしょう。しかし、大きな舞台では遠目が効くということも、 大事な 要素です。

さて左の写真は、リフォームをご希望の水色振袖です。このままではどうもアクセ ントに欠けますが、ご覧のように柄付けが大胆なため、少々手を加えたくらいでは、あ まり変わりません。

さて、どのようにアレンジしましょうか 。

加工後

梅模様振袖加工後

音楽にたとえれば、編曲でしょうか。デラックスになっても、土台は変えない作業です。

今回の場合、要所を全て金駒刺繍の二重で括れば、かなりボリュームが出ます。
けれども、よりリーズナブルにする場合は、隣り合わせの所は太さを揃えた金の線(金箔)にするのも、一つの方法でしょう。

前回にも書きましたが、人の眼は意外にいい加減なところもあるので、瞬間では見分けがつきにくいのです。

これで豪華になりました。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com