2008年6月のお手入れ品

難しい化繊

白地花車模様化繊祝い着

おかげさまで100回を超えたお手入れ品の中で、もっとも難しかったものは何でしょうか。バックナン バーを振り返ってみますと、ずいぶん色々なご希望におこたえしてきました。

作られてから半世紀以上も経つ品、生地がすっかり弱った品、丈不足だったり他店で断られた品等々、簡単に答えが出ない品物の連続でした。

中でも難しさで5本の指に入るもの、それが今回のお祝い着です。

化繊の白地にミシン刺繍で花車が縫ってありますが、全体に茶色のしみが現れています。無数にあるので、出来るだけ抜いてから色を掛ける、そんなストーリーを組み立てま したが・・・。

加工後

化繊お祝い着色揚げ後

裾の朱色とバランスが取れる濃さで、系統が似た朱色(面積の比率も考慮して)を指示しました。

口で言うのは簡単ですが、色見本帳の約10000色から探すのは、本当にデリケートで根気のいる作業です。

化繊の染み抜きも、盛り上がった刺繍の糊伏せも、地色の定着も相当の技術を要します。

そして、ようやくたどり着いたのが 右の写真です。
これからも がんばっていかなくては。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com