2008年10月のお手入れ品

予測と決断

スワン模様着物

白生地は、織られた時代によって巾が異なることは、以前にも書きました。

裄が短い場合、紬や小紋ならば「切りばめ」も考えられるものの、訪問着ではちょっと無理です。

左の写真は鳥模様のぼかし上げ着物ですが、時代ゆえ、お客様には裄が足りません。

解いて、生地巾を無理に伸ばしても、戻るのが関の山。さて、三輪屋の思案のしどころです。

加工後

スワン模様訪問着

立てた方針は、新しい縮緬生地を同じ色に染め、裄の不足を新しい袖(袖巾)で補うというもの。

しかし、肩と袖は隣り合わせなので、厳密に色を合わせる事は至難の業です。そこで、敢えて肩部分よりも濃い、裾模様の中の色で無地に染めて、柄も散らすことを考えました。

と、口で言うのはたやすいですが、昭和時代の生地を、しかも袖分だけ探し、色と模様を合わせることができるかどうか、不安がよぎったのも事実です。

数ヵ月後、懇意な生地屋さんと染め職人、そしていつもの和裁士に感謝、感謝 。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com