2008年11月のお手入れ品

定石

朱色道行コート

暑かった夏もどこへやら、このところ、朝晩冷え込むようになってきました。

季節は暦の通りに粛々と進んでいるのと同様に、着物の世界も、上に羽織るものが欲しくなる季節です。

左の写真は、お手持ちのコート。お作りになられてから20年ほど過ぎ、派手になってしまったので、渋く直したい。今も、そしてこれからしばらくの間も使えるような色でというご希望です。

世間では、最も容易な作業と思われている色揚げですが、本当にそうでしょうか。

加工後

道行コート色揚げ後

今、こうして原稿を書いている時に“いろかけ”と打ち込んだところ、偶然「色賭け」と変換されました。あちこちでよく聞くような話です。

このページをご覧頂いている方は 先刻ご承知でしょうが、無地の色かけ(色揚げ)ほど難しいものはありません。字画の少ない楷書のようなもので、全くごまかしが効かず、色の選択に頭を悩ますこととなります。

そこで思い出すのが、師や父親から耳にたこが出来るほど聞かされた「定石」。同系(寒色、冷色も含め)の濃い目に持っていくのが、無難なのです。
毎年発行されている色見本帳(約200色)の、40年分から選び抜いて、染め出して2ヶ月、手堅い作品になったように思います

とは言うものの、洗い、染め、仕立ての各職人の連携の賜物で、私は口だけですから、困ったものです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com