2009年8月のお手入れ品

プロの仕事

今月は夏休みを頂き、お手入れ品のページは 休ませていただきます。

ある時、日本舞踊の切符を頂いたので、国立劇場に出向きました。街のお師匠さんが、お弟子たちと共に開く小さな会です。
素人の方の踊りは、ご愛嬌もありますが、伴奏(地方=じかた)は邦楽家の生演奏ですので、結構楽しめるのです。

途中、「雷船頭」という、男性演ずる女船頭と雷さんの掛け合い舞踊がありました。もちろん主役は船頭ですが、着ぐるみのユニークな雷さんを演ずる賛助出演のプロの舞踊家の踊りが、手の先がやわらかくて軽く、しかも大きくて実にうまいのです。
私は いけないとは思いつつも、ずっと雷さんばかり見ていま し た。

そして、最後は会主の舞台です。しかし、いつもとは全く様子が異なり、どうも足元がおぼつかず立っているのがやっと。異変を察した後見が、うまくフォローするのですが、それはメイクを落とした先ほどの雷さんでした。

50回という大切な節目の会の長い演目で、体がいうことをきかない会主に声をかけて励まし、踊りのきっかけを知らせ、舞台全体に眼をくばり、用がなくなれば何事もなかったように消える。
舞踊を知り尽くした上で、傍らの三味線方、唄方と共に必死になって手助けする姿に、プロの魂と凄さを見ました。

無名でも本職は素晴らしい。こうありたいものです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com