TOP>バックナンバー>2010年3月

2010年3月のお手入れ品

アクセント

別染め羽二重 衿比翼生地

長さ 1メートル20センチ 巾は20センチの 小布。
材質は地模様のない絹、オーダーで染めた色は 少しパンチがきいています。

これは何でしょうか。

着物の八掛には ちょっと色がきれいすぎますし、かといって 運動会の鉢巻きには 贅沢すぎますが、、、、、

加工後

松振袖衿比翼付き

その答えは 伊達衿(正式な名は衿比翼)です。裏地を付けて 仕立てます。

私は 師匠の教えで お顔を引き立てる襦袢の衿は 白塩瀬をお薦めすることが多いです。 しかし 白地振袖などの場合は どうしても衿元が淋しくなるので 衿比翼を付けて 華やかさを演出します。

右の写真は 先月号で使わせていただいた 松模様振袖。
綸子の既製品が多い中で 敢えて別製にこだわる理由は ただ一つ。

衿元が すっきりとし 自然なカーブが出るからです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2010 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved