2010年4月のお手入れ品

10年先

加賀調御所解訪問着

写真は、上品な加賀調の訪問着ですが、点々とした妙なシミを発見。

食べこぼしにしては バランスが良すぎ どうも流水の柄の様に見えます。

職人さんに調べてもらうと、柄の胡粉(蛤の粉)の糊が変色したとのことでした。中央右には、当初の白胡粉の模様が残っています。

元々白いのですから、上からもう一度白く重ねて塗ってみれば、、、、と 軽く考えていたのですが。

加工後

加賀調御所解訪問着浸み抜き後

それは 大きな、大きな誤りでした。

浸み抜きをせずに上塗りだけをすれば、とりあえずその場は 収まるに違いありません。しかしながら、その反動は5年、10年後に必ずや現れます。

茶色のしみはカビですので、塗った胡粉をも浸食し元の木阿弥。

解いて両面から洗い、元の糊分を落とし、そして再度描き直して最初の姿に復元。
手間はかかりますが 「久しぶりに開けたらびっくり」という 悲喜劇は 確実に防げるのです。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com