2010年7月のお手入れ品

復活

百合模様紗名古屋帯

今回の加工は、多くは語りません。

お品物は、昭和初期に製織された紗の名古屋帯、百合模様。白を交えて、涼しげな雰囲気を醸し出しています。

しかしながら写真の通り、前帯部分も含め縫い目は全て筋切れしており、生地はもろく惨憺たる有様。
とてもこのままでは 縫い直すことは不可能です。

さすがに私も お断りをしようと 再度ご訪問したのですが・・・。

加工後

百合模様帯修復後

「何とか 直せないでしょうか」

そのお言葉に考え抜いた末、一計を案じ、慎重に作業を進め、二部式の名古屋帯になりました。

お太鼓は 縫い付けていないため 大きさは 調節することができます。

呉服業界は冬の時代といわれていますが、今回の加工を通して、続けていく自信がついたような気がします

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com