TOP>バックナンバー>2011年2月

2011年2月のお手入れ品

豪華版

染め丸帯檜扇模様

昭和30年代、着物の全盛期には 今からでは想像もつかないような豪華な品物が たくさんありました。

写真は 鶸色羽二重に 刺繍だけで檜扇を描いた染め丸帯。裏側にも松皮菱の柄があります。

時間の経過で 仕立てがずれた上に 名古屋帯にはちょっと長く 袋帯にはやや短い 微妙な柄の構成。  

この場合の 処方箋は いったいどのようなものでしょうか。 

加工後

染め名古屋帯檜扇模様

お客様のご希望がまず第一。今回は表裏2本に分けたいとのご希望です。

そうすると 新しい裏地が必要ですが 既製品などあるわけもなく 羽二重の生地を同色に染めました。

お太鼓と前の間隔も調整し 全体の長さも 名古屋帯に合わせてあります。

残念ながら私の写真が下手で 地色が出ませんでした。どうか イメージで 刺繍の技をご堪能下さい。
裏側は 次回 来月に。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2011 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved