TOP>バックナンバー>2011年6月

2011年6月のお手入れ品

半世紀を一っ飛び

縮緬白生地

写真は おそらく私が小学生の頃に織られた 縮緬の白生地。
生地の様子、印、包装紙で推察されます。

もうひとつの判断材料は 生地の巾
時代の平均身長や裄と共に巾が広がってきて 現在は1尺以上
でも これは9寸5分(約36cm)にも達しません。

当然ながら 時間の経過を感じさせる 生地の黄ばみ。

縮緬生地で 巾が狭め お客様は大柄で 裄はぎりぎり。
さて 何に染めましょうか。  

加工後

縮緬藍色小紋

その答えは 巻き見本による 小紋単衣着物。
今はやりの プリントではなく 型紙を使った手作業です。 

細かいことですが 袷よりも単衣の方が 袖口の縫い代が少ないのです。 仮に多少詰まったとしても 裏がない分 ちょっと安心。

単彩の 涼しげな柄を選んでいただきました。

半世紀前の生地とは 思えないような仕上がりですが 如何でしょう。
 

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2011 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved