TOP>バックナンバー>2012年7月

2012年7月のお手入れ品

帯の裏地

白地亀甲模様名古屋帯

名古屋帯の前巾を 広く作る場合があります。
普通に作れば 最大でも16センチほど(4寸2分)

ご身長の高い方、身巾の広い方にはどうしましょうか
普通の巾では アンバランスになりがちです。

それゆえ 前を広く仕立てます。
別名“腹(はら)合わせ仕立て”  

お預かりの品は どういう訳か帯芯がむき出し。
洗いと共に もう少しスマートにしてほしいとのご要望です。 

加工後

名古屋帯腹合わせ仕立

カビの目立つ帯芯を取り外し 全体を丸洗いして仕上げ。

さて、裏地には 何を使いましょうか。
世間では 地色に合った木綿(新モス)が一般的です。

でも 次世代まで考える三輪屋としては ちょっと工夫を。

京都の西陣から 時代を合わせた白色の裏地を 取り寄せました。
四六、七三 どうぞお好きな巾で お締め下さい。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2012 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved