TOP>バックナンバー>2013年6月

2013年6月のお手入れ品

刺繍の修復

御殿模様留袖の 刺繍がほつれている

丁寧な加工が施してある着物も 年を経ると 傷んでくることがあります。
お好きな着物では特に顕著で 部分的な修復が必要となります。 

写真は 黒留袖御殿模様。お母様が作られたものです。
今回 お嬢さんが引き継がれました。

写真中央左の 雲の金糸縁取りが 浮いています。
場所はちょうど上前 腰掛けた時に 御手を置くところです。   

時代を合わせる為 この金糸を留め直すこととしました。
が、簡単にできるものでしょうか。    

加工後

藤模様宮参り着物

今回は 周囲を少し解きました。
留め糸をしっかり挿し 元の位置に戻してから 解いた部分を綴じ直します。

刺繍の修復で一番気になるのは 再び 外れないかということ。
同じ留め糸ですから 弱る時期も同じです。

その解決法は 職人さんの腕を信じて 任せることしかありません。
プロが見て気になる所を放置すれば 結果は自明の理です。    

丁寧で細かい作業の結果 無事完成。
品物がお客様の手元に戻った時 私の心が安らぐのです。 

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2013 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved