TOP>バックナンバー>2013年7月

2013年7月のお手入れ品

夏らしい加工

男物浴衣の袖の焼け焦げ穴

早いもので もう7月、暦も半分過ぎました。
花火大会も間近で いよいよ浴衣の出番です。 

最近 男性のゆかた姿も増えました。
たとえどんな形であれ ファンの方が増えるのは結構なことです。

ただ、気を付けて頂きたいのは カギ裂きや煙草の火 。
洋服と違って身体に密着していないので 涼しい代りにアクシデントも増えます。   

今回のご依頼は 袖に開いた ちょっと大きな穴。
縞柄がある分 ただ塞ぐ訳にも参りませんが さて・・・・。    

加工後

藤模様宮参り着物

ひと時代前は 着物のかけはぎ職人さんも いらっしゃいました。
生地の端を解いて 糸を織りこむ技です。

平成になり 技を持つ方も激減しました。
まして浴衣ですから ご予算の制限もあります。

そこで考え付いたのは 縫い込みの生地を使うこと。
最も簡単に 取り出せるであろう部分から。    

縞柄を合わせて 裏から当て 綴じ付けました。
お客様の御意向にも沿えて 結構でした。 

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2013 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved