TOP>バックナンバー>2013年11月

2013年11月のお手入れ品

色無地着物を道中着へ

紫色無地着物

道行コートに比べてカジュアル風になる道中着。
着物のように左右を打ち合わせて 組みひもで留めます。 

おくみの有無で形が違いますが お召しになる方がふくよかな場合 おくみを付けたほうが着やすいものです。

お客様にご説明する場合 着物の裾半分を内側に折り上げることがよくあります。
着物の裾を切り落とした形に似ているのです
  

今回は紫の色無地に 刺繍を加えて道中着に直すことに。
しかし 解いて反物に戻れば 刺繍の配置に悩むことは確実。
何か名案はないでしょうか。    

加工後

刺繍入り道中着

未着用だったのが 幸いでした。
水で洗わぬために 紙の図案を留め付ける事ができます。

コピーしたご希望の柄を 糸で縫い付けて位置を物差しで確認。
試しに羽織る事も出来るのです。

位置を微調整し 図案を付けたまま元の筋を消して刺繍職人の手元へ
立衿の裏側には 狛犬を鎮座させました。    

アクセントに多色使いの組みひもを使い どうやら 日本で一枚の品が 出現しました。  

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2013 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved