TOP>バックナンバー>2014年11月

2014年11月のお手入れ品

鶴の丸帯

白地鶴模様丸帯

鶴は千年、亀は萬年
鶴の帯は 慶事にふさわしい縁起物です。

しかしながら 丸帯となると 雲行きが変わってきます。
重くて 丈が短く おまけに柄が逆さま。

着付けのプロである美容師さんも 手こずることがあります。
時間のないときは 尚更。

今回のご依頼は 肩を痛めているお客様から。
いつもご自分で着ていらっしゃいますが より楽に着たいとのこと。
普通に締めれば柄は逆、さて・・・・。  

加工後

丸帯の作り帯

両面に柄がある上に巾が少し広く 重さは袋帯の1.5倍が普通。
中には 足袋の裏の様な帯芯が入っている場合も。

大げさでなく 後ろに引っ張られる感じ。 
昔の方は よく締めていたものです。

今回は 思い切って お太鼓と前帯を分けて 作り帯に。
しかし 普通に作れば 柄はひっくり返ったまま。    

ハサミを入れるこの作業は まずは私の裁断から
やり直しがきかないので 大変なプレッシャーがかかります。
そんな中 これまで多くの品をこなしてきた秘訣は
修業先の主人夫妻に教わった事ばかりなのです。
今は ただただ 感謝あるのみ。
合掌

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2014 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved