TOP>バックナンバー>2015年4月

2015年4月のお手入れ品

白場を金に

黒留袖 松模様

式服の最高峰である 黒五つ紋付き留袖。
フォーマルさを表現するため 白色、金色が比較的多く使われています。

柄は、松、波など いつの時代にも通用するもの。
あまり流行がないので 長持ちします。

今回は お母様の留袖を仕立て直して お嬢様用に
サイズを一回り大きくします。   

しかし 松の白が目立ち過ぎな感じが。
お客様には 金紙を留めて 御説明しましたが・・・・・。 

加工後

黒留袖金加工後

もちろん本番は 紙ほど光りません
しかし 隣あわない場所を決めるのに これ以上の方法はないと思います。

解いて 入念に筋を消し 写真と一緒に箔職人さんの元へ。
ベタに撒いたのでは ぶち壊しになってしまいます。

柔らかなタッチで 白場が金色に変化。
金の砂子の威力で 上品な留袖へまっしぐら。   

裏地も全て交換し 新品同様になりました。
まずは めでたしです。  

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2015 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved