TOP>バックナンバー>2015年5月

2015年5月のお手入れ品

博多帯を直す

博多帯 太鼓汚れ

早いもので皐月5月、すがすがしい季節です。
そろそろ 裏地のない着物の出番を迎えます。

そんな時に重宝するのが博多帯。
袷だけでなく 単衣の紬や小紋に合わせると しっくりきます。

しかし、お太鼓の右側と左上に 目立つ茶色のシミ
時間の経過したシミは かなり劣化している感じです。   

たれ先の無地は 関西でお作りになったことを推察。
しみ抜きが困難な帯、さて、どんな感じに直しましょうか。 

加工後

博多作り帯

博多帯は紋織なので 柄の繰り返しが幸いしました。
太鼓とたれ先の間の きれいな部分を出しましょう。

お腹の前に来るところも 切り替えて反対側を出します。
全ての構成は 私の仕事。

裏側に白く見えるのは 木綿の紐。
二つに折った時に押さえるため 付ける位置を調整してあります。   

今回の加工は 仕立ての際の接ぎの巧拙が全て。
何事も無かったかのように軽くこなす 職人さんに感謝。  

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2015 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved