TOP>バックナンバー>2015年9月

2015年9月のお手入れ品

名古屋帯の活用法

人形模様名古屋帯

暑かった夏も ようやく過ぎ去ったようです。
涼し過ぎると 暑さが懐かしく思えて 笑えますね。

今回は 想い出の刺繍名古屋帯のリフォーム。
生地のグレーの汚れが広範囲となり 補正が困難な為です。

最も無難な加工は クッション。
木綿わたを入れて 仕立てます。

しかし、2枚作ることをご希望です。
お太鼓の活用は容易なものの 前帯は広げると柄が片寄っています。
ひとひねりが必要ですが さて・・・・・。  

加工後

接ぎ入りクッション

解いてみると 前帯の柄のすぐ上が 生地の耳
真ん中に配置するには接ぎをしますが 縫い目の片寄りは どうもいただけません。

そこで 直下に ダミーの接ぎを1本。

出来てしまえば簡単そうに見えますが ど真ん中に出すのは意外に難しいものです。    

この裁断は 誰もしてくれません。
自ら ハサミを入れることが必要です。
余裕分をみて裁断し 仮縫いし 仕立て屋さんへ。
仮縫いが出来上がれば そこは8合目 頂上はもうすぐです。

かわいい品が できました。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2015 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved