TOP>バックナンバー>2016年8月

2016年8月のお手入れ品

仕事を楽しむ

例年以上に暑い日が続いておりますが 皆様お変わりございませんか。
今月は 夏休みを頂きまして リフォームのページは休ませて頂きます。

東京駅からタクシーに乗り 行き先を 半蔵門の「国立演芸場」と伝えた時 「ヨシ、さんまだ」という運転手のつぶやきが聞こえたと ラジオで永六輔さんが言っていた。
何の事かと尋ねたら 今日の夕食は 演芸場近くの和食店で「サンマ」に決めたとのこと。なんでも 都内には10か所くらい好みの店が決めてあって 日替わりで流すコースがあるそうな。きっと 車が置けて 料理も美味しいのだろう。

私の場合は 美術館と喫茶店が気になる。遠出の場合は 立ち寄り温泉に つかったりすることもしばしば。

例えば下町に出ると 隅田川のそばに 立ち寄る喫茶店がある。
とても清潔で 上品な店にも関わらず なんと日雇い労務者の簡易宿泊所に囲まれ その環境は お世辞にも良いとは言えない。
しかしながら いつも テキパキとしたサービスと暖かな雰囲気 そして 目の前でいれるコーヒーの味、その喉ごしはは おそらく都内でも いや全国でも屈指ではないかと思うのだ。
それは 全国から 修業に来ている従業員が多いことでもわかる。
コーヒー好きの私は 立ち飲みから専門店と呼ばれる店まで 本当にさまざまな場所で味わい その風味も千差万別。
しかし 好みは いつもこの店を基準に考え 接客の方法も参考にさせてもらっている。

着物の世界は そのお店の屋号に因んで ○○好みとよく言われる。
三輪屋の原点は 修業先の主人+父親+美術館。加えるスパイスは 歌舞伎と落語
スマートフォンで関西のFMを流し 時には上方落語のCDを聴きながら お客様や職人さんの所に動き回ることは 全く苦にならない。

初めて伺うお客様の所で 初めて見る着物の楽しみ
どのように直すか想いを巡らす楽しみ
裏地、帯、小物のコーディネートの楽しみ。

楽しんで仕事をすること。きっとこれも 自分の型なのだろう。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2016 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved