TOP>バックナンバー>2016年12月

2016年12月のお手入れ品

戦前から平成

振袖の肩部分仮縫い

はや師走。
月一度のコラムを書いていると 12ヶ月はあっという間ですね。

左の写真は アンティーク調の振袖。
どうやら 戦前の品物と推察されます。

今回はお孫さんの卒業袴に合わせたいとのご要望。
幸いにも生地巾はありました。
しかし、今回の裄は68センチ、そのままでは柄の接続がありません。
仮縫いはしてみましたが・・・

さて どうしたらよいでしょうか。

加工後

振袖の肩部分の柄足し後

コラムを御覧いただいているお客様には 答えは簡単でしょう。
“模様を足せば解決”なのです。

しかし 製作されたのは昭和10年頃、来年は平成29年です。
足す部分は狭いですが 80年の時間はかなり長く、広い。 

そこで思い浮かぶのは いつもの職人さん。
私の置く高いハードルを 半分意地になりながら しかし楽しんで越えてきます。
松の緑、白と朱の菊花、青い菊の葉と 楽々クリア。
平らに置いてこれならば 仕立て上がりはまず問題ないでしょう。

紫色や紺色の無地袴に合わせたお姿が 目に浮かびます。
職人さんは 宝です。    

御覧頂きましてありがとうございました。来年も佳い年になりますよう。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2016 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved