TOP>2017年6月

2017年6月のお手入れ品

のれんに変身

紗織の名古屋帯

梅雨の到来を 肌で感じる季節となりました。
暑さに対して きものは「透け」で対抗しています。

とはいうものの 夏物はなかなか着用頂けないのが現実。
今回のご相談は お母様の夏の帯です。

絽や紗の日常着の上に締める 紗の名古屋帯
涼しげな雰囲気を 醸し出しています。
紺やグレーには ぴったりなのですが。   

しかも、ご依頼者は男性。
さて、思案のしどころです。 

加工後

紗の のれん

身近に置けるものという観点から 夏ののれんをご提案。
柄付けも大きく すっきりしているのも好都合です。

まずはかがり縫いを解き 反物状に戻します。
そして懇意の職人さんの元で 丸洗いをしました。
締めた時のシワを 入念に伸ばします。

先月の半巾帯と同様に 大切な事は 模様の位置です。
実用と飾り用の 双方を考慮にいれて構成。
その長さも 大事な要素です。    

こちらの意図をすぐに分かってもらえる ありがたい職人さんに持参。
一点ものの のれんが完成しました。 

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2017 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved