TOP>2018年1月

新年明けましておめでとうございます。今年も 三輪屋の仕事の一端を ご覧頂きましょう。

2018年1月のお手入れ品

昭和の名品

黒留袖刺繍鳳凰模様比翼付き

左の写真は 昨年ご相談を受けた 黒留袖鳳凰模様比翼付き
仕立て直して ご親戚の結婚式に着用をご希望です。

染が無く 全体が刺繍仕上げ。 縫い紋が入っています。

おそらく製作から半世紀は軽く超えていると思われます。
こういう場合に大切な事は 糸の劣化を調べること。
たもとあたりで中を見てみると 軽い力でも 横に裂けてしまう様子。
残念ながら お断りすることにしました。

しかし、その刺繍の細かさは いったい何なのでしょう!。 

鳳凰部分

刺繍鳳凰の部分

共布で比翼が付いており そこにも刺繍があることに気が付きます。

そして驚くのは 下前にも対称で鳳凰の刺繍、しかも比翼まで。
こんなところ 絶対に見えません。
加えて 縫い紋の技術が秀逸。
もし生地が弱っていなければ 紋を増やすはずでした。
果たして再現できたかどうか。

良く見ると 羽根の糸の流れが 見事に統一されています。
色の組み合わせも申し分ありません。
下絵を描いた職人さんも きっと腕の立つ画家さんでしょう。

色々考え合わせると もしやこれは黒留袖でなく 舞踊の衣装(床着)かもしれないという推測が心をよぎります。
舞台上で両足を開く時 全てが見えるからです。
と あれこれ考えを巡らしてご相談を受けながら 何か幸せな気持ちになりました。

  

今年も より一層 精進して参ります。   

 

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2018 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved