2003年7月のお手入れ品

表裏の釣り合い

佐賀錦袋帯

たとう紙に帯をしまう時、どうもふかふかしている。袋帯を締めると、前の二つ折りの所で裏地が出てくる。

こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
その原因は 裏地のたるみが ほとんどです。

袋帯は普通、別々に織り上げた表地と裏地を、両耳でとじ合わせてあります。しかしながら上等な品物にもかかわらず、以外にとじ方が雑な場合も多いのです。

アイロン仕上げで伸ばしても気休め程度、すぐに元に戻るから厄介です。
ご依頼の品 試しに解いてみました。

加工後

佐賀帯仕立て直し

仕立て直した帯の耳のラインを比べてみて下さい。アイロンだけでは決してこうはいきません。勢いがあります。

職人さんが地のしをすると、表地に比べて裏地の方が4〜5センチ長いものもよくあるようです。

仕立ては地のしが命です。下準備が不十分では、決してよい結果は生まれません。

この道50年の技術で、表裏が揃いました。私たちは、当たり前の事をただひたすら繰り返しています。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com