新春の お慶びを 申しあげます。2004年も 様々な加工をご覧に入れたいと存じます。
よろしくお引立ての程 お願い致します。

2004年1月のお手入れ品

別誂え振袖 几帳模様

本振袖 几帳模様

左の写真は、今から25年程前に制作した振袖です。振袖は袖丈が3尺(約114p)と長いので、柄付けも大胆になっているのが普通です。合わせる帯も、一巾の中に扇面とか鏡裏などの大きな柄が1つという構成の品物が釣り合います。

描いてある模様は“几帳(きちょう)”。几帳とは寝殿造りに用いられた室内の間仕切りで、上品なために着物の図案によく用いられています。

白生地をお客様の寸法で振袖の形に仮縫いし、手描きで下絵を付けて友禅染め、金彩加工、刺繍を施す。熟練した和裁士の仕立てを経れば、日本中に1枚しかない振袖の完成です。その優雅さと豪華さは、印刷したような柄とは次元が異なり、お客様の友人から「私の披露宴に 振袖を着て出席してほしい」とリクエストがくるほど。

しかし本物の素晴らしさは、皆さんに伝え広めていかないと忘れ去られてしまいます。私は、今年も伝道師のつもりでがんばります。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com