2004年10月のお手入れ品

25年のわだかまり

朱色振袖衿に墨

お客様がお召しになってから25年、いよいよその振袖にお嬢様が袖を通すこととなりました。保存状態は極めてよく、どこも傷んでいません。しかしながら、ひとつだけ気になっていることがおありでした。それはお客様がお友達の披露宴の受付で、つけてしまった衿の墨のしみ。

「たぶん無理と思うから、墨の上に牡丹の葉でも描いて」というご依頼を受けて、まずお尋ねしたことは「手を加えてありませんか?」

付いたままの状態と聞き、一筋の光明がさすと同時に 職人の顔が浮かびました。

しかし、ハードルはかなり高いです。

加工後

染み抜き後振袖

職人さんは一目みるなり、同じことを私に尋ねました。「染み抜きに出してありませんか?」 そして、「さわってなければ 取れるでしょう」と あっさり答えました。

それから2週間後、仕上がった衿を見て驚きました。どこにも痕跡がありません。お客様も「どこに付いていましたっけ?」と私に尋ねるありさま。

その後、解いて洗い張りを行い、寸法を全体に大きく仕立て直しました。

そして納品の日、文庫紙を開けた瞬間に25年間のわだかまりは忽然と消え去り、と同時に、この仕事にたずさわっていてよかったと、しみじみ思いました。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com