2004年11月のお手入れ品

裏に凝る

黒留袖八掛

江戸っ子は着物の裏に凝ると、昔から言われています。一般的には羽織の裏ですが、以前取り上げたように表から見えない長襦袢も、その範囲に入ると思います。

左の写真は、黒留袖とその八掛を立褄から左右に広げたものです。表(向かって右)は 水墨画調の渋い竹林の模様。裾が翻ったときに見える裏の部分、私たちは「引返し」と呼んでいますが、ちょっと寂しく思うのは私だけでしょうか。

仕立て直しの機会を得て 柄を足してみました。

しかし、足すといっても さじ加減が大切。さて・・・・。

加工後

引返し加工後

笹を足して雲取りを銀線で仕上げ、白い部分を少しぼかす。作業としてはたったこれだけのことですが、表裏の気脈が通じたようです。

仕立て上がると、重厚さが全く変わってくるから不思議です。いつも念頭にあるのは全体のバランスで、欠けている部分が、直してくれと訴えてくる気がするのです。

ところが、マニュアルなどどこにもありません。師匠から授かった直感が全てです。

それを感じ続けるためには、ひたすら絵画や骨董品を見るしかないと信じています。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com