2007年5月のお手入れ品

単衣から袷

単衣訪問着グレー

桜の花もあっという間に通り過ぎ、新緑の季節となりました。着物も衣替えが近づき、間もなく裏のない単衣のシーズンを迎えます。

一般的には袷の着物を洗い張りして裏をはずし、単衣に仕立てるのが普通です。テーマが逆では?

しかし、暦では単衣は6月、9月の2ヶ月だけ。単衣を頂いた時、着るチャンスを増やすために裏をつけて仕立て直す事も、よくあるのです。

左の写真は、お母様の単衣の付け下げ訪問着です。汗しみ等もあるため、洗い張り浸み抜きをした後に八掛、胴裏をつける予定です。
さて 何色の八掛ををつけましょうか。

加工後

袷訪問着グレー

付け下げや訪問着の八掛は、地色や差し色の同系をつけるのが基本です。フォーマルな品物の場合、あまりかけ離れた色にすると、着用した際に人の眼が八掛ばかりに向いてしまい、品がなくなると修業中に教わりました。

今回の場合は柄がおとなしく上品なため、地色の同色にして柄を引き立てようと思いました。生地の地風が異なるため全く同色にするのは困難ですが、八掛用の白生地を別に染めて、胴裏とともに使いました。

返っている、おくみ部分の角を見比べて頂くと、裏が付いた事がお分かりいただけると思います。

お客様の状況に応じて、常に臨機応変な対応とアイディアを心がけています。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com