2009年5月のお手入れ品

下準備

生地を補った反物

書けば一言ですが、これほど大切なことはないといっても過言ではありません

染色では染める前の生地の検反であり、仕立ての場合は巾を揃えて生地の目を通す「湯のし」、紬の糊を抜く「湯通し」、そして仕立て職人によるアイロンの「地のし」。

では、洗い張りの場合はなんでしょうか。それは、解いた着物を元の反物の状態に戻す「端縫い」です。 生地巾が全てそろっている場合は簡単ですが、前回の仕立ての都合で巾が>欠けている場合は、別の布でそこを埋める必要が出てきます。

左の反物は 軽く半世紀が経過していると思われる男物です。
足し布をすると同時に、破れていたり弱って薄くなっている部分に、似たような色の布を裏から当てる「裏打ち」を施しました。

加工後

端縫い後の羽織

洗い張りが済んだといっても、油断は禁物です。時代の品の場合は生地がやわらかくなっている場合が多く、そのままではちょっと心配です。

そんな時は“裏から持たせる” つまり、しっかりとした裏地を付けて裏側から支えるのです。今回は、最高級羽二重の刷毛縞の羽織裏地を選びました。

仕立て上がりからでは とても想像がつかない 細かい作業をする職人と 私が力を合わせ より着やすい着物になるように 考えています。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com