2012年8月のお手入れ品

機動力

暑い日が続いていますが、皆様お変わりございませんか。
今月は夏休みを頂きまして、リフォームのページは休ませて頂きます。

ある年の秋、私は友人たちと京都の貴船を訪れました。夏の川床で有名な、あの貴船です。
友人が、以前食べた近江牛のお座敷すき焼きを振舞いたいと、お昼ごろ川沿いにある料理屋さんを訪ねました。
しかし予約が無かったので、残念ながらどこもNG。
“仕方ない、ここで断られたら諦めよう”と思って寄った店先に、80歳はゆうに超えたおばあちゃん(大女将)が座っていました。

恐る恐る尋ねると、即座に「30分待って頂ければ、山を下りて肉を仕入れてきます」の返事。
長年の勘で、「この客は逃すまい」と乗ってきた車は従業員に駐車場へ移動させ、まさに陣頭指揮です。

一同感激し、川を望める大広間で飲み始めれば、30分などあっという間。
あまりの美味さに地元産のマツタケまで注文し、大満足の昼食でした。

もちろん散財もしました。
しかし、私はここで商売にかける熱意の大切さを教えてもらった気がするのです。
お客様の要望に沿って、できる限りのことをする気力とスピード。
後で聞いたら、御歳米寿とのこと。

参りました。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com