TOP>バックナンバー>2015年7月

2015年7月のお手入れ品

最善の策とは

黄色紋付き着物

リフォームを承った時点で 完成形を想像することは 比較的容易です。
しかし、時には断念せざるを得ない品物も あります。

生地が劣化して 洗えない品。シミが腐食して 既に穴が。
反物の巾が狭く 裄が不足。縫い込みが無く身丈が出来ない等々、お役に立てないことも何度かありました。

今回の着物は 強い黄色の無地紋付き着物
派手になってきたので 他の色にというご希望です。

私がお伺いする以前に 他店でお作りになった品。 出来れば 色抜きは避けたいのですが さて・・・。  

加工後

抜き染め紋付き着物

色を抜かずにこの黄色を隠すとなると かなり濃い茶色しか 想像できません
仮に出来上がってとしても地味で 年齢的に無理が出るでしょう。
そして 色を抜くと擦れが出るので お断りに伺いました。

お客様の御返事は「雨の日用の着物にするのでお願いします」。

加工してみると心配が現実となり 全体に白い跡が出ました。
でも こういう時に限って 予想以上に良い色が出るのです。    

八掛も同色にして 完成。
雨のお茶会に 活躍するに違いありません。  

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2015 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved