TOP>バックナンバー>2016年3月

2016年3月のお手入れ品

名古屋帯のデザイン

黒地羽織花の丸

着物は 洋服ほど流行はありません。
しかし、最近見かけなくなったという品は 確かに存在します。

そのひとつが 黒地の羽織。
その昔、卒業式、入学式の母親の服装は これなくしては考えられないほど ポピュラーな品でした。
ピンクや朱系、グリーン系ブルー系の色無地紋付き着物の上に重ねると 姿が良く映るのです。 

着物で参加される方の減少に伴い 羽織姿も見かけなくなり
道行コートばかりに直しても 能がありません。
そこで 三輪屋へ御相談。   

御承知のように 羽織は着物と裁断が異なります。
ゴールは見えたものの その道のりはなかなか・・・・・。 

加工後

黒地名古屋帯花の丸

一般的に羽織は 「駒無地」という糸に撚りのかかった さらっとした地風の生地を使います。
これは 染め名古屋帯に使う塩瀬羽二重に 何となく似ています。
帯のイメージが湧いてきました。

一番大切な位置は お太鼓。
修行中に教わったことを思い出しながら 構成します。 たれ先ともコラボさせましょう。

背の柄を前帯にして 手先にもちょっと覗かせ
どうやら バランスも取れたようです。    

ところで この裁断は 一体誰がするのかですって?
恩人である主人と奥様の姿を思い浮かべながら 私が神妙に鋏を入れるのです。  

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com


        Copyright (C) 2000-2016 Gofuku Miwaya. All Rights Reserved