2007年2月のお手入れ品

花喰い鳥

留袖花喰い鳥 加工前

吉祥をもたらす尊い聖獣「鳳凰」、古く中国で好まれ、慶事には欠かせないデザインです

左の留袖は、おそらく製作から半世紀は経過した品物と思われます。故あって今回、修復を承りました。

お祝いの花「橘」を咥えた鳳凰が、「花」の字をくずした形に染められている、すばらしい構図です。

傷んでいる所も少々見受けられますが、さて、当初はどんな雰囲気だったのでしょうか。

加工後

花喰い鳥加工後

写真では見えませんが、時間の経過により、地色の黒が色あせています。そして、白地の部分には茶色のシミがあり、取りきれない部分もありました。 また、箔の変色(黒ずみ)も 見受けられました。

それゆえ、柄を糊で伏せて黒を引きました。また、生地の傷まない範囲で汚れと箔を落とし、金箔、銀箔で化粧直しを施しました。
色々と考えて、たどり着いた結論でしたが、当初の雰囲気を損なわず、後ろ身頃に、よりボリュームが出てきたようです。

思い起こせば、ホームページを開設して間もなく「よみがえる50年前の留袖」という題材がありました。(2000年2月

比較すると画風は全く異なりますが、当時の職人の力量のすごさを再認識した作業でした。

呉服三輪屋 〒164-0012 東京都中野区本町2-54-17
代表者   三輪 一夫

Tel&Fax03-3372-0573
mail@gofukumiwaya.com